2010年02月04日

京都フリースクール虐待、元経営者に懲役3年6月(産経新聞)

 京都府京丹波町の「丹波ナチュラルスクール」入所者虐待事件で、入所者に対する逮捕監禁などの罪に問われた元経営者の朴聖烈被告(61)の判決が28日、京都地裁であり、宮崎英一裁判長は「長期間に渡り、被害者の自由と人格を踏みにじった悪質な犯行」として懲役3年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。

 宮崎裁判長は判決理由で「些細(ささい)なことを理由に暴行を加えるなど、被害者に与えた恐怖心と絶望感は大きい。動機に酌むべく点もなく、反省の態度も認められない」とした。

 判決などによると、朴被告は平成17〜20年の間、10〜20代の男女6人を手錠をかけて自宅から施設まで車で連行。施設の部屋に閉じこめるなどして監禁したうえ、入所者の一人に暴行を加えてけがをさせた。

 検察側は「子供の教育などに悩み苦しんでいる親をだまして多額の金銭を支払わせる悲惨な犯行」などとして懲役6年を求刑。弁護側は「保護者に説明して了承を得ており、正当な業務の範囲内だった」と無罪を主張していた。

【関連記事】
虐待で京都のフリースクールに損害賠償請求
元経営者、起訴事実をほぼ否認 フリースクール虐待事件初公判
フリースクール暴行 施設責任者の女に2年6月の実刑
元施設責任者、起訴事実認める 京都フリースクール虐待
実行役3人に有罪判決 京都のフリースクール虐待 

貴金属100点以上盗難=被害2000万円相当か−大阪府警(時事通信)
辺野古移設「かなり難しい」=普天間めぐり−沖縄知事(時事通信)
雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)
「日本海」は国際的に確立=政府答弁書(時事通信)
大阪でもホッピー人気に(産経新聞)
posted by ポインセチア at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。